M-BUG take free

音楽フリーペーパー「M-Bug」オフィシャルサイト


INTERVIEW

2013/9/29

『時給にしたら220円ぐらいです』 カメレオ インタビュー

 

9月4日にリリースされた両A面シングル「ダメ男/ごめんなさいっ!」が初のオリコンインディーズチャート1位を獲得し、名実ともにヴィジュアル系シーンの台風の目になったカメレオ。来年1月には結成2周年を記念して、初ライヴを行った池袋BlackHoleと、初のホールワンマンとなる日本青年館という異色の2days“めちゃ×2みなさんのおかげでした!”も決定しいてる彼らに、ニューシングルについて、現在進行中の全国ワンマンツアー“カメ充(・ω<)”について、さらには“めちゃ×2みなさんのおかげでした!”についてたっぷりと語ってもらった。

L→R Kouichi(Ba)、HIKARU.(Vo)、Takashi(Gt)、Takeshi(Dr)、Daisuke(Gt)

L→R Daisuke(Gt) HIKARU.(Vo) Takashi(Gt) Takeshi(Dr) Kouichi(Ba)

 

——9月4日に発売されたカメレオ初の両A面シングル「ダメ男/ごめんなさいっ!」。「ダメ男」はTakashiさんの作曲なんですよね。

Takashi「はい」

——トランスからの影響を感じさせる曲はこれまでにもありましたが、「ダメ男」は特に強いですね。

Takashi「そうですね。トランス的な音はカメレオ始動の頃からちょくちょく入れていたのですが、今回は一番強いと思います。僕が曲を作るときに心掛けているのは、“カッコ良い曲はものすごくカッコ良くしよう!!”てことなんですよ。でも、冒頭部分お聴きになりました?」

——♪ダメダメダメ男〜、と繰り返してるところですか?

Takashi「はい。実はあれ、レコーディング直前までなかったんです」

——えぇっ!?

Takashi「それがなぜか付け加えられてて、カッコ良い曲を作ろうと思っていた僕にとってはガッカリした作品になりました(苦笑)」

Takeshi「“なんやこのふざけたセリフは!?”と?(笑)」

Takashi「「ごめんなさいっ!」がどちらかと言えばふざけた曲なので「ダメ男」は真面目に作ろうと思っていたのに、出来上がったらダメダメの連発で(苦笑)」

——インパクトのある始まり方で素晴らしいと思います!! その♪ダメダメダメ男〜、を付け加えたのは歌詞を書かれたKouichiさんだと思うのですが、テーマも含めかなりの変化球ですよね?

Kouichi「そうですね」

Takeshi「タイトルでポップな曲を想像させておいて、“実はこんな歌詞なんだ!?”と思わせるのはKouichiさんの狙いだったんですか?」

——代わりに質問していただき、ありがとうございます!!

Kouichi「聴いてくれた人の中には“カメレオらしいね!”と言ってくれる人もいれば“ちょっと変わった? でもカメレオらしさはあるよね!”っていうリアクションも出るのかなと思っていたので、変化球だと思っていただけたのならストライクゾーンに入ったかなと」

Takeshi「まんまと術中にハマったということですね!」

——見事にハメられました(苦笑)。女性目線で書かれていますが、リサーチなどされたのですか?

Kouichi「なぜかダメ男ばかり好きになってしまう女性が僕の周りに多くいるんですよ(笑)。そういう方に話を聞いて書きました」

Takeshi「かなり好感触みたいですよ?」

Kouichi「本当!?」

Takeshi「うん。ファンの子のお母さんが共感して、聴きながら何度も頷いてたそうです」

Kouichi「女性に母性本能は必ずあるので、実際にダメな男と付き合ったことがなかったとしても共感してもらえるんじゃないかなっていうのは狙いとしてありましたけど、恋愛に対してまだ酸いも甘いも知らない10代20代の若者よりももう少し上のお母さん世代の方に刺さる歌詞かもしれないですね」

——ちなみに、みなさんはご自身のことをダメ男だと感じる瞬間てありますか?

HIKARU.「逆にこの5人の中で誰が一番ダメ男だと思います?」

——Daisukeさんとか・・・

一同 爆笑

Takeshi「素晴らしい洞察力ですね!!(笑)」

HIKARU.「どこでそう思ったんですか?」

——シングルやアルバムに毎回収録されている「カメトーク」や、YouTubeで無料配信されている『カメちゃんねる。』を見て。

Daisuke「ぶっ!!(両手で口を押さえて吹く)」

Takeshi「もう丸見えじゃないですか!!(笑)」

——でも、そういうところが女性の母性本能をくすぐるんだと思います!!

Daisuke「ありがとうございます(苦笑)」

——Daisukeさん以外のみなさんはどうですか?

HIKARU.「俺は自分で自分のことをダメだと思ってないところがダメ男だと思います(苦笑)」

Takeshi「だったら教えてあげようか? まず片付けが出来ないところ(笑)」

HIKARU.「あぁ〜(苦笑)」

Takeshi「片付けが出来なかったり・・・」

Kouichi「(Takeshiを見ながら)スタジオの予約が取れなかったり(笑)」

Takeshi「それ俺のことじゃん!! しかもつい最近の出来事っていう(苦笑)」

Kouichi「バンドで唯一任されてる仕事がスタジオの予約なんですけど、それすら出来ないですから、Takeshiは(笑)」

HIKARU.「本当にひとつのことしか出来なくて、この前も新曲のデモを聴きながら牛丼を食べてたんですよ。で、食べ終わったときに“あれ!? 俺、今、牛丼食べた?”って、“全然食べた気がしないんだけど”って(笑)。それぐらい一度に2つのことが出来ないんです」

——それだけデモに集中していたってことですよね!!

Takeshi「ありがとうございます(苦笑)」

——Takashiさんは以前、機材車を擦ってしまったことがあると聞きました。

Takashi「よくご存知ですね! 僕、普段はあんまりミスしないんですけど、するときは大きいんですよ。北海道に行くチケットを取るときに日付を間違えて前日のチケットを取ってしまったりとか(苦笑)」

Takeshi「あれはいくらぐらい損害が出たんでしょうかね?」

Kouichi「確か7、8万ぐらいかと」

Takeshi「あのときTakashi、真っ青な顔をして“これは死んで償わなあかん!!”と言っていましたね(笑)」

Kouichi「彼のミスはお金がかかるんです(笑)」

——Kouichiさんはしっかり者のイメージがあります。

Takeshi「いや、いっぱい(ダメ男な部分)ありますよ!」

HIKARU.「しかもどれも言えないことばっか(笑)」

Kouichi「仕事がストレスになってるんです」

Takeshi「だからオフのときは完全にオフなんだ?」

Kouichi「それはある。この前もツアー先で酔っぱらってホテルに帰ったとき、既に熟睡してたTakashiに緑茶ハイをドボドボかけました(苦笑)」

Takashi「“おいTakashi、何寝とるんじゃ〜!!”ていきなりかけて来ましたからね(笑)」

Takeshi「最悪ですね!(笑)」

HIKARU.「最低ですね!(笑)」

Takeshi「Daisukeもお酒を飲ませてはいけない人種ですが、Kouichiも案外そうなんですよ。散々Daisukeに注意してるくせに自力で歩けないほど潰れてしまうこともよくあります(笑)」

Kouichi「ロックバンドって華々しいイメージあるじゃないですか? でも実際楽しいことなんて1割ぐらいしかないんですよ。時給にしたら俺ら220円ぐらいですからね」

——24時間曲のことを考えていたりしますもんね。

Kouichi「はい。それでついお酒に逃げてしまうところがあるんですけど、直さなあかんとは常日頃思ってます(苦笑)」

——世知辛い話になって来たので(笑)、もうひとつのリード曲「ごめんなさいっ!」は5人全員で歌う曲で、これまでは入っていたとしてもカップリングだったじゃないですが? それを今回リード曲にされたのは?

Takeshi「Kouichiのプランニングの中で、こういうこともやってるんだっていうことをこの時期に打ち出そうっていうのがあったみたいです」

Kouichi「「ダメ男」ではカッコ良いカメレオ、「ごめんんさいっ!」ではコミカルなカメレオっていう二面性を出すことによって“カッコ良いだけじゃないんだね!”って思ってもらえたら嬉しいなと思って書きました」

——作詞作曲ともKouichiさんですね。

Kouichi「はい。PVがこういう絵になればいいなっていう予想をしながら書いてったので、曲も歌詞も。これを聴いて何かを感じてほしいというよりはエンターテイメントとして受け取ってもらえたら嬉しいです」

——合コンをモチーフにしたのもPVのことを考えてですか?

Kouichi「そうですね。ただ、僕は合コンに行ったことないですしメンバーもたぶんないので、友達から聞いたエピソードに色を付け加えて歌詞を書きました」

——その主人公を演じられたHIKARU.さんはいかがでした?

HIKARU.「初めて歌詞を読んだとき浮かんだのはいわゆるヲタクと呼ばれる人で。そういうキャラで行くのも面白いかもと思いました」

Kouichi「女の子慣れしてない、挙動不審なね?」

HIKARU.「そう。なのにちょっと強がってるっていう。そのテンションが曲が進むに連れてどんどん変わって行くところが聴きどころです」

——私が一番印象的だったのが“えぇ〜っ!?”と驚いている場面でした。

HIKARU.「実はあれ、僕じゃないんですよ」

——えぇ〜っ!?

一同 爆笑

Takashi「僕なんです」

HIKARU.「何回やってもあのクオリティに近づくことが出来なかったので、そこだけTakashiくんにお願いしたんですよ」

Takashi「最初Kouichiに“デモ作るからHIKARU.に伝わるようにセリフも言って”って言われて、面白半分で“えぇ〜っ!?”て言ってたんです。それがまさか現実のものになるとはっていう(苦笑)。でもちゃんと録るとなると難しくて、30テイクくらい録った中から究極の“えぇ〜っ!?”を選びました」

Takeshi「渾身の“えぇ〜っ!?”だったわけですね(笑)」

——初回限定生産盤Aと通常盤に収録されている「vs 劣等コンプレックス」は、私は「ダメ男」のような人とつきあったこともないですし、「ごめんなさいっ!」のように合コンに行ったこともないっていうのもあるのですが、一番共感することが出来ました。

Kouichi「そういう、どっちにも当てはまらない人用に書いたのが「vs 劣等コンプレックス」なんで(笑)」

Takeshi「そこまで計算してたか〜!!(笑)」

Kouichi「まぁまぁまぁまぁ、一応シングルのテーマが人間のダメさみたいな、残念さみたいなところだったので、そういう感想があるのは嬉しいです」

——しかも今1年生で慣れないことも多く、先生に叱られたりして泣きたくなることもある私には“「憧れ」や「理想」が傷に変わってく”という歌詞がすごく響いたんです。

Kouichi「ちょっとしたことで(憧れや理想が傷に)変わっちゃいますよね。でも、それは決してマイナスなことじゃないよっていう歌なんで。がんばっているからこそ失敗も多いと思うし、それを乗り越えて行くことでコンプレックスって克服出来ると思うんですよ」

——はい。私も最後には“明日もがんばろう!!”って思えました。同じように前向きな1曲「俺は今日も」はHIKARU.さんが作詞されたのですか?

HIKARU.「はい」

——「始まりの歌」と共通するところがあるなと思ったので。

HIKARU.「ああ。僕らみたいなバンドって好き嫌いがはっきり分かれると思うんですよ。その中で、前は1人でも多くの人に好かれようっていう感じだったんですけど、今は、歌詞にもあるんですけど、100人中1人でも共感してくれればそれでいいんじゃないかって思えるようになって」

——何かきっかけがあって考えた方が変わったのですか?

HIKARU.「活動を始めて1年経って、赤坂BLITZでワンマンとかやらせてもらって、関わってくれる人がすごい増えたんですよ。その人達への感謝の気持ちを改めて感じたときにこういう心境になったんだと思います」

——特に合唱の部分なんですけど、聴いていてライブの映像が浮かんだのはそういう思いが込められていたからなのですね。

HIKARU.「だと思います」

Takeshi「この後ワンマンツアーも控えていますからね」

——その全国ワンマンツアー“カメ充(・ω<)”と、来年1月10日は池袋BlackHole、11日は日本青年館で行われる2周年記念2Daysライヴ“めちゃ×2みなさんのおかげでした!”はどのようなライブになりそうですか?

HIKARU.「ワンマンツアーは、春にやったときは持ち曲が20何曲しかなかったんですけど、5月にアルバムを出して今回シングルを出して持ち曲も増えてるので、それぞれの土地で全然違うセットリストでやれたらいいなと思っております。春のツアーとは違うレベルアップしたカメレオを見せたいです」

Kouichi「2周年記念は、僕らが初めてライブをやったのがBlackHoleなんですよ。もちろん2年で1500人近いキャパのホールでやれるっていうのは素直に嬉しいですけど、“まだまだたった2年だよ”っていうのも表したかったのであえてちっちゃいところでやって、“僕らは2年前ここでやりましたけど次の日はこんなところでやれるようになりました! ありがとう!!”っていうのが伝わればいいなと思ってます」

 ●取材・文/ちゃい

 

【NEW RELEASE】

ダブルAサイドシングル
「ダメ男/ごめんなさいっ!」
9月4日発売

cover_a【初回生産限定盤A】CD+DVD DCCL-100~101 \1,500(tax in)
<CD>1.ダメ男 2.ごめんなさいっ! 3.vs 劣等コンプレックス 4.カメトーク1
<DVD>1.ダメ男 Music clip 2.ダメ男 Music clipメイキング 3.LIVE at AKASAKA BLITZ 2013.6/30(Part1)

 

 

cover_b【初回生産限定盤B】CD+DVD DCCL-102~103 \1,500(tax in)
<CD>1.ごめんなさいっ! 2.ダメ男 3.俺は今日も 4.カメトーク2
<DVD>1.ごめんなさいっ! Music clip 2.ごめんなさいっ! Music clipメイキング 3.LIVE at AKASAKA BLITZ 2013.6/30(Part2)

 

 

cover【通常盤】CDのみDCCL-104 \1,000(tax in)
<CD>1.ダメ男 2.ごめんなさいっ! 3.vs 劣等コンプレックス 4.俺は今日も
※封入特典:2014/1/10(金)、1/11(土)「めちゃ×2みなさんのおかげでした!」購入者限定チケット先行受付

 

 

 【LIVE INFOMATION】

<カメレオ七大都市ワンマンツアー2013「カメ充(・ω<)」>
9/15(日)高田馬場AREA
9/21(土)札幌cube garden
9/23(月・祝)仙台darwin
9/29(日)名古屋E.L.L
10/6(日)福岡DRUM Be-1
10/11(金)松山サロンキティ
10/14(月・祝)大阪umeda AKASO
前売り¥3,500 / ¥4,000(税込・ドリンク代別)

ワンマンLIVE<めちゃ×2みなさんのおかげでした!>
■「めちゃ×2みなさんのおかげでした!~始動日~」
2014/1/10(金)BlackHole
前売¥3,500(税込・立見・ドリンク代別)
※BlackHole公演は「ダメ男/ごめんなさいっ!」購入者限定チケット先行受付のみの販売となります。

■「めちゃ×2みなさんのおかげでした!~記念祭~」
2014/1/11(土)日本青年館
前売¥3,900 / 当日¥4,400(税込・全席指定・ドリンク代別)

 

カメレオOFFICIAL WEBSITE


記事一覧

PAGE TOP