M-BUG take free

音楽フリーペーパー「M-Bug」オフィシャルサイト


LIVE REPORT

2013/7/2

『スーパーキラキラモデドル参上!!』F.CUZ学園祭ライヴレポート

学園祭初日、 第1校舎地下1階ホールでF.CUZのライブが行われました。

(L→R イェジュン、カン、テゴン、ジノン、レヒョン)

(L→R) イェジュン、カン、テゴン、ジノン、レヒョン

 

まずは本番前の楽屋を訪ね、メンバーに意気込みを聞いてみました。

 

ファンのみんなとハイタッチするイェジュン

ファンのみんなとハイタッチ!!

——今日のパフォーマンスで一番見てほしいところはどこですか?

ジノン「「Hello Again」のダンスが可愛いので、そこを見てほしいです」

 

——学園祭のライブと普段のライブの違いはありますか?

ジノン「生徒の皆さんもダンスとか歌の勉強をしているから緊張します」

レヒョン「でも、だからこそ共感してもらえる部分も多いと思いますし、頑張ろうと思います」

レヒョン「今日は僕たちも皆さんも頑張って勉強もいっぱいしましょう!!」

 

 

——TSM渋谷の学生は将来音楽業界で働きたいという夢を持っているんですけど、みなさんの夢は何ですか?

テゴン「ずっとファンの人たちに愛されるグループになることです」

ジノン「そうですね。それが僕たちF.CUZの全員の夢です。同じ夢を持った人達と一緒に作るライブなので、今日は本当に楽しみです」

イェジュン「一緒に盛り上がっていきましょう!!」

カン「楽しく遊べるライブにましょう」

テゴン「世界で一番熱いステージを作りましょう。“進撃の舞台”にしましょう!!」

 

「喉のストレッチで 緊張をほぐしてます」

「喉のストレッチで
緊張をほぐしてます」

そしていよいよライブがスタート!! 曲は、ファンが振るペンライトが印象的だった日本でも人気の「RISE UP」と、日本デビュー曲となる「Never Let You Go(remixバージョン)」。F.CUZのナンバーの中でも特にダンサブルな「Never Let You Go」が開演前から盛り上がっていたファンのテンションを上げる中、自己紹介からお楽しみの質問コーナーへと進んで行きました。

 

——みなさんは今何歳ですか?

カン「韓国では23歳で日本では21歳です」

テゴン「韓国では24歳で日本では22歳です」

イェジュン「韓国では22歳で日本では21歳です」

レヒョン「韓国では23歳で日本では21歳です」

ジノン「韓国での年齢は秘密で日本の年齢は24歳です」

 

「僕たちもSMAPさんみたいになりたいです」

「僕たちもSMAPさんみたいに
なりたいです」

——好きな日本のアーティストは誰ですか?

カン「YUIさんのギターサウンドと声が好きです」

テゴン「韓国人だけどKさんが好きですね。声がきれい!!」

イェジュン「SMAPさんはカッコいい。あと女優で石原さとみさんの演技も好きです(笑)」

レヒョン「尾崎豊いいですね」

ジノン「イェジュンと一緒でSMAPさんが好きです。僕たちもSMAPさんみたいになりたいです」

 

 

 

 

——どうしたら緊張しないでステージに上がれますか?

テゴン「喉のストレッチで緊張をほぐしてます」

カン「あまり緊張しないんですけど、インタビューの時だけ緊張しますね」

ジノン「僕はレッドブルを飲みます」

レヒョン「緊張しないように運動やストレッチをしています」

イェジュン「どんな時でも緊張はします。でもいざステージに上がると、自然と緊張がほぐれていきます」

 

「All My Loveで心のこもった歌声を」

心を込めて
「All My Love」を熱唱

楽しい話が聞けたところで、再びパフォーマンスタイム。曲は「All My Love」で、バラード風の曲調に乗せて歌われる♪キミがいるだけで今日がこんなに輝く〜、といった切ない歌詞や、途中に入るジノンのラップなど、前半の2曲とはまた違ったF.CUZの魅力が詰まったステージとなった。

 

会場の雰囲気が暖まってきたとこでお待ちかねのゲームコーナー!! F.CUZのグッズをかけてメンバー1人対お客さんでじゃんけん大会が行われた。見事に勝利したお客さんはプレゼントをもらう際にメンバーにハグしてもらう場面も!! そして最後は「Hello Again」からさらにアンコールで「Luv Holic」。メンバーがステージから下りてファンと触れ合うなど、最高のアンコールとなった。

 

カン「学生の皆さんとこういうステージで楽しむのは2回目ですけど、終わりとなると寂しいです。またLIVEやりたいです」

テゴン「皆さん本当に素晴らしい方ばっかりで…またLIVEいっぱいやるので機会があれば是非来てください」

フォーカズ4

「今日より明日のほうが
もっとカッコいいです(笑)」

イェジュン「皆さんがいるから僕たちがいます。今日は本当にありがとうございました。学生の方たちと一緒に出来て楽しかったです。僕たちの日本での活動を期待していて下さい」

レヒョン「皆さん、今日は本当にありがとうございます。また僕たちのイベントがある時は是非遊びにきて一緒に盛り上がりましょう! 僕たちは今日より明日のほうがもっとカッコイイです(笑)」

ジノン「学生の皆さん今日は本当にお疲れ様でした。ファンの皆さんも観にきてくれてありがとうございました。これからも僕たち一生懸命頑張りますのでずっと僕たちのこと愛してください! けど最後は僕だけをみろ(笑)」

 

こんな風に挨拶をして、TSM渋谷のステージを後にした5人。これからも彼らの活動を楽しみにしたい!!

 

 

 

 

取材•文/姉御、すうぴい

 

 


記事一覧

PAGE TOP