M-BUG take free

音楽フリーペーパー「M-Bug」オフィシャルサイト


LIVE REPORT

2013/8/14

『夢見る者、未来へ輝け!!』POWERFUL ENERGY FEVER!! ライブレポート

 

“2013年も音楽で元気に!”をコンセプトに、東京スクールオブミュージック渋谷の学生が企画から舞台監督、照明、PAなど制作のすべてを担当するシリーズイベント”POWERFUL ENERGY FEVER!!”。そのスペシャルとして7月24日に行われた渋谷O-EASTは、学生はもちろん全オーディエンスに夢と希望を与える、まさにパワフルなエネルギーに満ちていた。

 

act1 ロコビッチ

“POWERFUL ENERGY FEVER!!”のオーディションイベントを勝ち抜いて、今宵の渋谷O-Eastのオープニングアクト枠をもぎ取ったロコビッチ。その下克上の勢いを見せつけるアグレッシブでパワフルなステージとなった。

トロピカルなビーチ・ソングに乗って現れた3人は、所狭しとステージを動きながら演奏を始める。緊張している雰囲気はなく、このライブを自分達のものにしてやる、という気概がビンビン伝わって来るのだ。

マリリンモン・ロコゆい(Vo/Gt.)の叫びに近いストレートな歌声には、心を揺さぶられるものがあり、HAPPY・ベス男(Ba.)の激しく体を揺らしながら高速でベースを弾く姿には、さすが一流のプレイヤーだと思わされる。そして喜納”Andy”たつきち(Dr.)のドラムセットをひっくり返すんじゃないかと思わせる豪快なドラミングには、度肝を抜かれた。3ピースというミニマムなバンド編成ながら、極限のダイナミズムを叩き出して行く。

「Jumpin For You!」では、コバルトブルーに照らされた照明の中で清涼感たっぷりに歌い、”自分の声が出なかった時に作った曲です”と語った「NENE」では、地元・沖縄で青春時代を過ごした中で、声が出ずに苦悩した日々を歌い上げたロコゆいが感動的だった。

力強いアンサンブルと、どっしり据わったバンド・グルーヴが観客ひとり一人の胸に飛び込んで行く。ラストは「グロウ」でメンバーは頭を振り乱しながらの凄絶なプレイを見せて、会場に”ウォーウォー”というシンガロングを巻き起こし、足早にステージを後にした。強烈な印象を残して行ったロコビッチは、完全にこの場を自分達のものにしていった。(宮川)

1-4

パワフルな演奏で会場を沸かせたロコビッチ

ロコビッチ OFFICIAL WEBSITE

 

 

act2 OverTheDogs

ロコビッチによる熱いライブに触発されて、会場は程よい熱を帯びてきている。続いて登場するのが10代のロック・リスナーなどに絶大な支持を誇るOverTheDogsだ!

“初めまして、OverTheDogsです!”と快活に挨拶を済ませて、バンドは勢いそのままに「マインストール」を演奏する。抑揚の効いたビートとエモーショナルな恒吉 豊(Vo/Gt.)の歌声が、一気呵成にバンドのテンションを上げて行く。お客さんも拳を突き上げながら一緒に歌ったり、盛大なハンドクラップで応戦したりと、会場全体がヒートアップして行くのが分かる。

“知ってる人も知らない人も跳ねるように”と前置きしながら、次は「どこぞの果てに」へ突入。星 英二郎(Key/Cho.)が叩き出す鍵盤のメロディーは、まさに跳ねたくなるようなポップさであり、どこか懐かしい。

ダンサブルな曲に乗りながら、会場全体が高揚して行った。観客に親身に寄り添いながらも、バンドの呼吸を確かめるように、時折メンバーは向い合いながらアンサンブルを奏でて行く。

「神様になれますように」では、赤と青のコントラストが映えた照明の中で、私欲と純粋が交錯する歌詞世界を抱えながら、それでも神様になりたいと歌って行く。サビでは”神様になれますように”というフレーズを、観客にマイクを向けて歌わせていた。

最後に披露された「愛」では、感動的なピアノの伴奏に乗りながら”生きていると常に人と人との愛について考えさせるんです”と、愛情の在り方について恒吉は観客に語りかけて行く。孤独や皮肉を抱えながら、それでも”愛する心”を信じたいという世界観を、熱を帯びたガラスのようなハイトーン・ヴォイスに乗せて歌って行く。じっくりとステージを見つめながら“愛”を噛み締めて行く観客が印象的だった。(宮川)

1-2

会場をハッピーな空気に包んだOverTheDogs

OverTheDogs OFFICIAL WEBSITE

 

 

act3 ケラケラ

ドラマ『ラストシンデレラ』の主題歌に起用された「スターラブレイション」で、音楽界に旋風を巻き起こしたケラケラが3バンド目に登場。

SEのしっとりとしたピアノの音色が響き渡り、始まる前から期待を膨らませた観客が大きく暖かい歓声でメンバーを迎え入れた。

メジャーデビュー曲「さよなら大好きだったよ」から始まったライヴは、感情のこもった歌声と温かいメロディがステージを包み込んだ後、MEME(Vo.)がタンバリンを片手に疾走感のあるナンバー「虹色ハートビート」を披露。曲にぴったりの色鮮やかな照明は、とびきりの笑顔が溢れるメンバーの表情をさらに引き立たせ、続く「ろーりんぐでいず」ではMEMEとファンが振るタオルが大きな風を吹かせていた。

“今日は学生のみなさんと一緒に楽しい時間を過ごすことが出来てとても幸せです!”とMEMEがTSMの学生に暖かいメッセージを送り、楽しい時間は刻々と過ぎて行く。

ふいにMEMEが“友達を好きになったことがある人?”と質問を投げかけると客席からは次々に“は~い!!”という答えが返って来た。しかし、本当の気持ちを伝えることで友情まで壊れてしまったらどうしようと、ほとんどの人が告白できずにいたはず。そんな気持ちを歌詞にした新曲「友達のフリ」のMEMEの切ない歌声は、“好きなのに好きといえない”何とももどかしかった青春真っ只中の淡い恋の思い出をオーディエンスの頭の中に鮮やかに甦らせていた。

ライヴを締めくくる曲はもちろん「スターラブレイション」。会場の熱気が最高潮に達し、終始笑顔を与えてくれたケラケラのステージは幕を閉じた。

12月には初の東名阪ツアーも決定。MEMEが大きくケラケラと笑うから、そして、みんなにも笑顔になってほしいからという2つの理由で付けられたバンド名の通り、これからも笑顔が溢れる音楽を届けて行ってほしい。(りんぱ)

kerakera-1

心躍るポップワールドで魅了したケラケラ

ケラケラ OFFICIAL WEBSITE

 

 

act4 Brand New Vibe 

いよいよ”POWERFUL ENERGY FEVER!!”も佳境に入って来た。最後に登場するのが情熱的なポップ・ロックを撒き散らす6人組、Brand New Vibeだ!

メンバーが現れる前に場内は暗転し、何やらモニターに映像が映り出す。その正体は、8月7日にリリースされる「Superstar」の本邦初公開PVだった! サプライズな演出に観客は驚きながらも真剣にモニターを見入っていた。そしてPV上映が終わるとSEが流れ始めて、メンバー達が勢い良くステージに登場して来る。

Nobu(Vo/Gt.)が弾き倒して行く攻撃的なギター・リフを皮切りに、エンジン全開のバンド・グルーヴが会場を興奮の坩堝に巻き込んでいた。KEI(Vo.)はステージをくまなく移動しながら高速ラップで観客を魅了して行く。

“渋谷盛り上がってますか! どうもBrand New Vibeです。今日は学生達が作り上げたライブということで、制作スタッフは不安でいっぱいだろうけど、最高のライブにするために僕たちが力になりたいと思います”と、頼もしいMCで会場をハートフルな空間にして行く。観客はタオルを振り回したり、お決まりのタイミングで合いの手を入れたりと、一体感の中でライブを楽しんで行った。

流麗なピアノの調べに乗って披露された新曲「SuperStar」では、早くも会場中が声を合わせて”スーパースター”とシンガロング。”みんな弱音を吐くのはやめよう。どうしても辛い時は本音を言おうぜ”と男気溢れる言葉に、胸がいっぱいになって行く。

最後に披露された「Vivid Days」では、シンセのメロディとダンサブルな四つ打ちビートが絡み合うロック・チューンに観客は弾け飛ぶように踊っていた。観客に勇気を与えるメッセージと、元気をくれるエモーショナルな音楽に、会場はとびっきりな笑顔に満ち溢れていた。(宮川)

 

1-3

大トリとして会場を大団円にしたBrand New Vibe

 Brand New Vibe OFFICIAL WEBSITE

 

 

取材・文/りんぱ、宮川


記事一覧

PAGE TOP