M-BUG take free

音楽フリーペーパー「M-Bug」オフィシャルサイト


LIVE REPORT

2013/9/15

『ドラマチックな夏の日!』MURO FES.(RIGHT STAGE)ライブレポート

 

目の前に海を臨む東京晴海客船ターミナル。そこに大規模な特設ステージが設置された。屋内のRAINBOWステージ。野外はRIGHTステージとLEFTステージ。時折海からの爽やかな風が吹くこともあるが、肌がじりじりと焼ける感覚とまとわりつく湿気が息苦しく、まさにうだるような暑さだった。

 

額に汗を浮かべながら開演を待つ観客。そのほとんどの人が手に飲み物、肩にはタオルを掛けバンドTを纏っている。彼らの思いはただひとつ、弾ける“アツイ”音楽を聴くことだった。

 

LEFTステージ最初のバンド、グッドモーニングアメリカの演奏が終わり、RIGHTステージのトップを飾ったのは、ムロフェス初出場のUNCHAIN。SE代わりのジャズテイスト溢れる軽やかなインストで会場を自らの色に変えると、1曲目はにぎやかなダンスナンバー「Show Me Your Height」。涼しい海風に乗った爽やかなリズムが会場全体に吹き渡って行く。カヴァーアルバムから椎名林檎の「丸の内サディスティック」を披露したときには“帰るってばムロフェス、行けんのかムロフェス!”と歌詞の一部をアレンジするなど、オシャレでクールな演奏に観客は虜になっていた。

 

しかし、昼過ぎから急に空が愚図つき始めた。時折光る稲妻と、叩きつけるような激しい雨に襲われ、ライヴは3回も中断。中止の不安と再開への期待が入り混じる会場は一時騒然となった。

 

そんな状況で声を上げたバイザラウンド。

 

「俺たちが晴らせます! 絶対に途中で止めないと決めました!」(松山晃太,Vo/Gt)

 

激しい雨で多くのバンドが演奏を中断せざるを得なかった中、彼らはステージに立ち歌い続けた。ハイトーンボーカルが印象的だった「コンティニュー?」や、王道ロックサウンドと独特な世界観を持つ歌詞に引き込まれた「偉人たちとの夏」など全5曲を雨に屈することなくやり遂げたのだ。そんな彼らに心を揺さぶられ、会場の盛り上がりは最高潮。ズブ濡れになりながらも楽しそうに踊る観客の笑顔がとても眩しく輝いて見えた。 

 

山あり谷ありの心躍るフェス。多くの障害を乗り越えた後の清々しい気持ちで胸いっぱいだ。しばらくして空から一筋の光が射すと、会場はあっという間に温かい空気に包まれ、その後は二度と中断することもなかった。激しい嵐に見舞われても、最後には希望の光が射す。夏の暑い日、人生を要約したようなドラマがそこにあった。

 

 

取材・文/ゆうき

 


記事一覧

PAGE TOP