M-BUG take free

音楽フリーペーパー「M-Bug」オフィシャルサイト


LIVE REPORT

2014/5/16

『海を嫌いにならないで!』SEA級グルメカーニバル @井の頭公園~海がつなぐ絆祭り~ライヴレポート1日目

 

トップバッターはNegicco!

トップバッターはNegicco!

 

「伊豆大島や東日本大震災と水害が続いてしまったけど、それでも海を嫌いにならないでほしい! 海の魅力を伝えたい!」。そんな言葉を脳裏によぎらせながら、私はステージに目を向けていた。今回、この海のイベントのステージを3日間に渡って飾る出演者のほとんどは海のある故郷で育ったアーティストだ。それぞれがどのような想いでこのお祭りとステージを盛り上げていくのか楽しみだった。

 

厳かに行われた開会式も終わり、まず最初に飛びだしてきたのは、このステージを全3日間に渡り司会進行を務める新潟県のご当地アイドル、Negicco。「3日間盛り上がっていきましょう!!」と、曲中メンバーがポジティヴに意気込んだ「ネガティヴ・ガールズ!」や、肩を組んでラインダンスをする人の波を作った大人気曲「圧倒的なスタイル」など、大きい動作ながらも女の子らしい愛嬌のあるダンスでオーディエンスを魅了し、このステージイベントのトップバッターを見事華々しく飾った。

 

続く、島根県が生んだシンガーソングライター星村麻衣は、キーボードとアコースティックギターで自身の楽曲を披露。今の季節にピッタリな「桜日和」などの楽曲をしっとりと歌い上げた。途中、乱入してきた島根県のゆるキャラ、しまねっこと可愛らしいダンスを一緒に行うという和やかな場面も。

 

グループ名は“LOVE in 九州”の略。福岡県のご当地アイドル、LinQはこの日、選抜メンバーで東京に上陸。いつもより少ないメンバーながらも、ひたむきにステージを盛り上げようと笑顔を振りまく姿に胸を打たれたオーディエンスは、タオルを勢いよく回してエールを送った。

 

みんなを笑顔にさせるなっしー♪ヾ(。゜▽゜)ノ

みんなを笑顔にさせるなっしー♪ヾ(。゜▽゜)ノ

ここでこの日1番の歓声をかっさらっていったのは、Negiccoと食レポ企画を行った大人気ゆるキャラ、ふなっしーだ。超満員のフロアにご満悦のふなっしーは、物産展で実際に販売されている海の幸やスイーツの数々に舌鼓を打ち、嬉しさの余り終始跳ね回っていた。「ふな ふな ふなっしー♪」では、持ち前の機敏な動きでステージを駆け回りながらダンス! オーディエンスとフリの掛け合い合戦も行い、とにかくサービス精神が旺盛。老若男女問わず観る者すべてを笑顔にしたふなっしーは嵐のごとく現れ、嵐のように去って行った。

 

華奢なスタイルからは想像もつかないほどパワフルな声量と、恋愛の苦痛を訴えかけるような哀愁漂うハスキーボイスでオーディエンスの視線をくぎ付けにしたのは、長崎県出身のソロシンガー宮脇詩音。この日はタイトル未定の新曲も披露。大好きな人との別れを惜しみつつも前向きに生きていく強さを感じることができるバラード曲に、オーディエンスは聴き入っていた。

 

赤、青、黄色などの水玉模様のレトロチックなワンピースで登場したのは、Air studioがプロデュースするミュージカル『GO,JET!GO!GO!』から飛び出してきたアイドルGO,JET GIRLSだ。「ロリポップ」など一度は耳にしたことがある50’sミュージックの名曲たちを、乙女チックに可愛らしい歌声とダンスでカヴァーした。

 

そして初日のトリを務めたのは、千葉県のご当地お姉様系アイドル、prediaだ。色気のあるセクシーダンスは圧巻で、猫の仕草を取り入れたフリが魅力的な「Crazy Cat」では、メンバーに悩殺された人が続出。その場で倒れこむ人もいたほどで、イベントライヴを自分たちのワンマンpartyへと変えてしまうフロアの熱の上がりっぷりだった。

 

ここで、この日のステージイベントは終了。会場のボルテージをMAXに達するまでアツくさせ、次の日のアーティストへと気持ちの良いバトンタッチをしたのではないかと思わせる、大満足な1日だった。

 

取材・文/ちゃい

 

 


記事一覧

PAGE TOP