M-BUG take free

音楽フリーペーパー「M-Bug」オフィシャルサイト


BLOG

2013/5/7

渋谷駅の旧東横線跡地がダンスフロアに!(宮川)

GWまっただ中の4月29日に渋谷駅の旧東横線跡地(shibuya ekiato)のイベントスペースにて、クラブイベントが行われました。

0-1

路線であったり、電光掲示板が駅跡として残っている空間で、PAやDJブースが設置されている光景は「カオス」そのものでした。低音のサウンドシステムによる音圧で天井から砂埃が落ちてくるハプニングもあったけど、そんなことも気にせずに、ひたすら踊り狂うフロアの人たち。この雑居感のなかで酒を片手に踊り倒す人たちの光景は、ヒッピーの集会のようでした。

注目のDJ陣ですが中田ヤスタカを筆頭にRAM RIDER、DAISHI DANCE、Tomoyuki Tanaka(FPM)、そしてVERBAL(m-flo)という錚々たるラインナップで、各DJ陣がそれぞれに得意とするダンスミュージックをプレイしました。特にTomoyuki Tanaka(FPM)のDJプレイはバラエティに富んでいて、ハウス、テクノ、ダブステップなどあらゆるダンスミュージックを縦横無尽にミックスさせて、とてもファンキーで楽しかったです。

さて、このTAKENOKO!!!の目玉であるのが、あのきゃりーぱみゅぱみゅがミニライブを披露することです。きゃりーが出てくるや否や、フロアのテンションは最高潮に振り切れて、きゃりーをこの目で拝もうとみんな必死の形相で飛び跳ねていました。きゃりーの仕草や話す言葉も、キャッチーな魅力に溢れていて、それだけでこのイベントのモトを取った気分なのですが、ライブはもっと多幸感に満ちて、フロアのオーディエンスはきゃりーの一挙手一投足に熱中していました。新曲も惜しげなく披露して、中田ヤスタカのDJプレイ中に再登場するサプライズなど、とてもサービス精神に溢れていて、きゃりーの魅力にどっぷり浸かってしまうのでした…。

今回のイベントはYouTubeでの生配信も行われ、メディアミックスという形でも注目を集めました。渋谷駅の中で、しかも旧東横線の跡地を利用してクラブイベントを開くという画期的なアイディアや、親子連れがダンスミュージックで踊っている光景を作り出した中田ヤスタカは、改めて時代を切り取っていくアーティストだと感心しました。

 

 


記事一覧

PAGE TOP