M-BUG take free

音楽フリーペーパー「M-Bug」オフィシャルサイト


BLOG

2013/5/12

一日中、轟音とカオティックを喰らう(宮川)

とりあえず首が痛い。体が言うことを聞かない。

いきなりなにかと言いますと、昨日は幕張メッセで開催されたOzzfest.  japan 2013の一日目に行ってきました。

1

言わずと知れたヘヴィ・メタル界のカリスマ、オジー・オズボーンが主催しているアメリカのロックフェスティバルがついに日本上陸!

その歴史的瞬間を見逃すわけにはいかないと、意を決して参戦してきたのです。

あいにくの雨模様に見舞われた一日でしたが、この暗雲たる空模様がなんともOzzfest.に相応しかった!

幕張メッセの会場は屈強なメタラーやメロコアキッズ、果てはアイドルファン(ももいろクローバーZがこの日出演したのです)に埋め尽くされて、その妖しく猥雑な空間がなんとも心臓のざわつきを昂らせました。

会場は1つのフロアに2つのステージが設置されて、転換などの時間効率がスムーズに行われて、ストレスなくライブを観れたのが良かったです。

どのアクトも鮮烈な印象を放っていましたが、個人的には終盤にかけてのアクト勢が、それはもう武者震いがしました。

マキシマム ザ ホルモンの肉厚で濃厚なアドレナリンがだだ漏れした、日本勢アクトの意地。

SLASHのドラマティックなメロディから、酩酊を促すサイケデリックまでも網羅した超絶ギタープレイ。

そしてなんといっても、一日目のヘッドライナーであるSlipknotが…ヤバババ!

正直、それまでのアクト勢の印象が飛んでしまうくらいのインパクトでした。

もちろん自分はSlipknotを初めて観ましたが、それまで数々のアーティストの初見ライブの中で、Slipknotのステージングは群を抜いて脳天を突かれました。

エンターテイメント性溢れる演出に魅了されながら、次々と繰り出される轟音のヘヴィネスに思わずヘッドバンキング!!!

体や首も限界寸前でしたが、全力でかかってこいとばかりに煽り倒すコリィ(Vo)の姿を見ていたら、何もかも無心にして暴れ狂うだけでした。

いまこのときしか鳴らされない音に全力で喰らいつくことで、バンドとオーディエンスの共犯関係が築かれ、一日中轟音に身を任せることが許される、唯一の空間がOzzfest.なのでした。

 

 

 


記事一覧

PAGE TOP