M-BUG take free

音楽フリーペーパー「M-Bug」オフィシャルサイト


BLOG

2015/11/5

大切なことはマンガが教えてくれた

お久しぶりです。

ドラフト会議も終わりました。
来年は熊原君ユニの購入を決めた川原です。

段々と秋を感じる頃合いですね。
スポーツの秋、食欲の秋、この際なんでも良いです。
何か1つでも楽しみがあればいいと思いますが、
僕はやっぱり、読書の秋。

普段は小説を読むことの方が多いのですが、漫画も好きです。
先日、好きな漫画の新刊を買ってきました。
そのなかの1つを紹介したいと思います。

IMG_0820
『7SEEDS』 田村由美 月刊フラワーズ(小学館)にて連載中
別冊少女コミック(小学館)で連載された大人気コミック『BASARA』の田村由美さんが描く近未来SFサバイバルストーリー。
舞台は人類が滅亡した未来の日本。「7SEEDS」という政府の極秘プロジェクトによって、そんな世界で目を覚ました内向的で弱虫の岩清水ナツや真っ直ぐで責任感の強い青田嵐を始めとした一癖も二癖もあるキャラクター達が苛烈な環境のなか、仲間との出会いや別れを繰り返しながら成長し懸命に生きていく姿を描いている。
人生における大事なものは全て『BASARA』から教わった。といっても過言ではないほど『BASARA』が大好きな僕ですが、『7SEEDS』でも大切なものを教わっています。
『7SEEDS』に登場する様々な問題を抱えたキャラクター達の“言葉”。田村さんは、そんな“言葉”にキャラクターの喜びや悲しみなどの感情を込めるのがすごく上手いんです。
僕の大好きなキャラクターのナツがこんなことをいってました。
「人はみんな怖くて。一人でいるほうが楽だと思ってた。一人が寂しいなんて思ったりしなかった。なぜなのか今ならわかる。寂しいと思うのは楽しい時があったからだ。幸せな時を知ったから、寂しいことも知るんだ。だから私は幸せになったことがあるんだ」
ナツにはよく自分を重ねてしまいます。そんなナツの成長していく姿が嬉しくて泣かされています。
ナツの成長していく姿を、他のキャラクターの生き様を刮目してほしいです。
少女漫画ではありますが、男性にも読んでほしい一冊です。
もし、機会があれば是非読んでみてください!
それと、『BASARA』も是非読んでみてください!

他にもおすすめしたい本があるのですが、長くなってしまうのでまた機会があれば紹介したいと思います。

皆さん、くれぐれも風邪を引かないよう気を付けてくださいね。
それでは、また。


記事一覧

PAGE TOP