M-BUG take free

音楽フリーペーパー「M-Bug」オフィシャルサイト


SPECIAL

2013/6/1

学祭袋とじ『いつ開けるの!? 今でしょ!!』Vol.5

 

皆さん、5月病にはかかってないですか
私はこの前、学校の前で偶然逢った友達に手を振った瞬間
盛大に転んで恥ずかしい思いをしてしまいました(笑)
知らないうちに疲れが溜まってきているようなので、気をつけますf^_^;

 

今回のインタビューは、第1校舎企画&製作科統括リーダーの七海紗笑さんです!
-3

第1校舎企画&製作科統括リーダー
七海紗笑さん

 

 

 

——今年の学園祭はどんなものにしたいですか? 意気込みを教えてください。

「在校生のみんなが成長できるような学園祭にしたいです。第1校舎の場合、プロミュージシャンコースの生徒達と企画&制作コースの生徒達で準備を行っているんですが、作業しやすい環境を作り合い、将来社会に出て行くときに自信を持ってこの学校を卒業したいです。1年生は来年も学園祭があるので、それに向けてどんどん作業の仕方を教えていきたいなと思っています」

——今年の見所や楽しみ方を教えてください。

「第1校舎はミュージシャン系が主体になっている校舎です。コピーバンドやカラオケ、楽器体験など被っているフロアつもありません。それぞれのフロアの特色が出ているので、全フロアを周ることをオススメしたいですね。“ワールドミュージックツアーズ”という、音楽で世界を旅できるというツアーもあるので是非参加して頂いて、お客さんにはいろんな音楽に触れてもらいたいなと思います」

——さすがは音楽の専門学校の学園祭ですね。

「ライヴがとても多いのですが、中にはあまり好まない方もいらっしゃると思います。そのような方のために4階のカフェでは飲み物提供しながら弾き語りを演奏をし、ゆっくりと音楽を楽しんでもらうことも考えています」

——弾き語りですか!?

「はい。まだ検討中なんですが、弾き語りはアコースティックで、その合間のBGMをクラシックにする案もあります。約20組のバンドが2日に分けて弾き語りを演奏するので楽しみにしていてください」

——学園祭の準備をしていて嬉しかったことや楽しかったことはありますか?

「こまめに連絡が取れたり、疲れている時に周りから“大丈夫?”と心配してもらえたりするので、第1校舎の団結力は他の校舎より強いと自負しています。団結しているなと思える瞬間に出会うと本当に嬉しいですね」

——逆に大変だったことはありますか?

「第1校舎は比較的1年生が多いのでカバーをするぶん作業が増えてしまい、ここ1ヶ月は土日もずっと学校に来ていて帰るのも夜遅い状態です。ちょっとキツいです(苦笑)」

——大丈夫なんですか!?

「ちょっと睡眠時間が足りないな…とは思いますけど、その分楽しいことも多いので頑張れています! 大丈夫です!」

——あまり無理はしないでくださいね! では、昨年の学園祭で印象に残ったことや、ここは音楽の専門学校ならではだなと思ったことなど、思い出を教えてください。

「音楽学校ならではだと思ったところは、ライヴなど発表する場が多いことですね。飲食系より多いです。印象に残ったことは、昨年私はDA校舎の受付をやっていました。お笑い芸人のスギちゃんが、あの服装のまま来校されたのでとても驚きました(笑)あとは第2校舎で、2階でチヂミを焼いていたんですが、1週間以上匂いが残って大変でした笑)」

——チヂミの匂いってそんなに強んですか!?(笑)

「そうなんですよ! 毎年チヂミ関係は結構事件になりますね(笑)」

——今年ももしかしたらチヂミがまた事件を引き起こすのでしょうか?(笑)

「きっと事件になるでしょうね!(笑) 第1校舎は、去年お客さんの意見でとても多かったのが入りにくい!でした。やっているのかやっていないのかわからなかったり、本当に入って大丈夫なのか不安になってしまい入りたいけど入るのをやめてしまったというお客さんもいらっしゃったそうなんです。改善策として今年はドアマンという、お客さんの呼び込みなどを行う在校生スタッフをドアの前に1人ずつ配置して、みんなでウェルカム感を出そうということになりました

——1人いるだけで安心しますもんね。では最後に、今年来場される方々や学園祭に行こうかまだ迷ってる方々に向けて何か一言お願いします。

「今年はタイトル通り、楽しさはここにあるんだ!ということを少しでも実感していただけるように、みんなで一生懸命考えています。是非、ご来場ください!」

 

インタビュー•文:ちゃい

 

 


記事一覧

PAGE TOP