M-BUG take free

音楽フリーペーパー「M-Bug」オフィシャルサイト


SPECIAL

2014/5/30

渋楽祭TIME NEWS in DA校舎

DA校舎統括リーダー ダンスプロフェッショナルコース2年吉岡理士さん(左) DA校舎統括サブリーダー 声優コース2年川嶋武さん(右)

DA校舎統括リーダー
ダンスプロフェッショナルコース2年吉岡理士さん(左)
DA校舎統括サブリーダー
声優コース2年川嶋武さん(右)

 

今回は、DA総合校舎のダンスプロフェッショナルコース2年統括リーダー吉岡理士さん統括サブリーダーの声優コース2年の川嶋武さんのお2人に、今回の学祭に対する意気込み、そして見所などを語っていただきました!

DA校舎ならではの催し物や、サプライズイベントなども用意しているようで……?

 

——『渋楽祭~TIME TRAVEL〜』に込めた意気込みを教えてください。

吉岡「総合校舎はダンサー科やアクター科がありますので、ほかの校舎に比べて比較的華やかなものを出せる校舎だと思います。その華やかなイメージを、タイムトラベルというサブタイトルにかけて、僕たちなりに時代の花を咲かせようという思いを『渋楽祭~TIME TRAVEL~』すべての催し物に込めました!」

川嶋「エンターテインメントとは言いつつ、今の時代ではなく、お母さんお父さん世代も楽しめるような企画ものもやりたいなと考えています」

吉岡「そうだね。老若男女楽しめるイベントにできたらなって思います!」

——そうなんですね! そんな老若男女楽しめるイベントを行う総合校舎ではどんな催し物を行う予定ですか?

吉岡「例えば、2階はラジオブースになっているので、ラジオをやります。その名も、『昭和ラジオ放送局〜DA3丁目の夕日〜』です!」

——え!? 『昭和ラジオ放送局~DA3丁目の夕日~』とはどんな内容なんですか?

川嶋「名前のとおり、そのままその教室でラジオを放送するんですけどね(笑)。でも! いろんな企画をご用意しています!」

——例えばどんな企画を用意していますか?

川嶋「今年の学園祭のテーマが『時代』なので、各世代に合わせた企画もあれば、この『昭和ラジオ放送局~DA3丁目の夕日~』は生放送でお送りするので、実際にスタジオにお父さんお母さん世代の方もお呼びして、昔の思い出話などを話していただくことを考えています」

吉岡「アンケートを投稿していただいてそれをラジオで紹介する投稿企画をやって、こんなことあったなぁとか懐かしんでもらったりして、ラジオDJを実際お客様にも体験していただく企画になっています」

——盛り上がること間違いなしですね!

吉岡「そうですね! そこから階を上っていただくと3階がアクター科によるミュージカル舞台で、タイトルが『From the Theater of 1960’s』です。こちらはハリウッドのラスベガスをイメージした舞台になっていまして、アメコミヒーローショーになっています。ストーリーはもう1本あるんですけど、こっちはお客様がスピルバーグになって時代を体験するというストーリーで、心温まる2本立てでお送りします!」

——来てくださるお客様もさまざまな時代を体験できて、とても楽しそうですね!

吉岡「そうですよね! そこで今度は階を2つ上がってもらうと、5階がダンサー科の生徒たちによるダンスパフォーマンスを披露するフロアで、タイトルが『WONDERFUL DANCE BOX』ですこちらは中世ヨーロッパを意識した装飾になっています」

——タイトルを聞いただけで楽しさが伝わってきますね!

吉岡「ありがとうございます! そこからまた1つ上がった6階が休憩スペースになっていまして、タイトルが『Vintage Rock Cafe』です。音楽に触れながらゆったりとしたひとときを過ごせる場所になっています」

川嶋「また1つ上がった7階は催し物がなんと! 2つあります!  1つがアニソンライヴで、タイトルが『バブルだ(DA)渋谷!!〜時をかけるアニソン〜』 です。今流行りのアニソンから、『ガンダム』とか『北斗の拳』とか昔のアニメのアニソンのライヴを実際に学生バンドが演奏してみなさんに聴いてもらうんですが、お客さんが参加できるのど自慢大会もご用意しているので、そちらもぜひ参加していただきたいです。あと、もうひとつの催し物はアフレコ! タイトルが『あふれこ亭〜みなの声で時を翔よう〜』 です

——え!? まさかアフレコ体験もできるんですか!?

川嶋「そうです! アフレコ体験をしていただく企画なんですけど、アフレコなのに、イメージが江戸時代なんです。ギャップを感じつつ、どなたでも楽しんでいただけるんではないかと思います!」

——そんな貴重な体験もできるんですね!

吉岡「10階がゲストライブを行うところなんですが、何やらサプライズ的なイベントをここでも用意しているようで……(笑)。そこは来てからのお楽しみです! 」

——サプライズ……なんだかワクワクしてきました! では、DA総合校舎の1番の見どころを教えてください!

吉岡「見どころと言われれば全部見どころなんですけど、サプライズ的な意味でいうなら、フラッシュモブです。注目してほしいですね」

川嶋「僕も、挙げるならやはりフラッシュモブですね!」

——あの、フラッシュモブとは何ですか……?

吉岡「突然、周りにいる人たちがいっせいに躍り出すことです。これもサプライズで行うので、見られるかどうかはお客様の運次第ですが……やはりみなさんに見てほしいので期待していていただきたいです!」

——フラッシュモブ……ドキドキしますね!(笑)。吉岡さんは去年と比べて学園祭の変わったと思うところはありますか?

吉岡「生徒が増えました。生徒の人数が増えたぶん、去年できなかったことができるのではないかと思います。あとガラッと変わったのが学園祭のメインタイトルとかが追加されたことですね」

——今年は去年とは学園祭のイメージも変わったそうですね。

川嶋「あとは装飾ですね。こだわるようになりました。1階から階を上がるごとに変わっていく装飾をお客様に見て楽しんでいただけるように、エレベーターを出た瞬間から目の前に広がるよう工夫して装飾された空間にもぜひ注目してほしいです」

——最後に、ご来場のお客様にひとことお願いします!

吉岡「エンターテイメントを目指している人たちには、絶対来てほしいです。人を笑顔にできることって本当に楽しいということを伝えたいですね。夢を与えることに僕たちも全力を尽くしているので、ご来場される方に夢を目指すきっかけを、僕たちが与えることができるように頑張ります!」

 

インタビュー・文:海子

 


記事一覧

PAGE TOP