M-BUG take free

音楽フリーペーパー「M-Bug」オフィシャルサイト


SPECIAL

2014/7/1

渋楽祭TIME NEWS 校舎レポート〜第1校舎編〜

「いらっしゃいませ!」。学園祭運営スタッフのお客様を迎える声が玄関口中に響き渡っています。雨の日のじめじめもその元気な声に吹き飛ばされました! 1階のフロア全体は、カラフルな装飾とバルーンで飾られ、まるでファンタジーの世界。まさに今回の学園祭のテーマ「~TIME TRAVEL~」にふさわしい、これから旅に出ようというわくわくとする気持ちにさせてくれます。

「元気をもらいました! 装飾とかもとても綺麗で素敵です」

(高校生、女性)

4階の弾き語りカフェでは冷たいドリンクを提供。ゆったりとした会場で弾き語りを聴いているお客様で会場はいっぱいに。オレンジ色のライト、そして綺麗な歌声が一人ひとりの心にまでパワーを届けてくれました!

「みなさんの歌声に癒されています。とっても気持ちよかったです」

(高校生、女性)

 


素敵な弾き語りでした♪

素敵な弾き語りでした♪

 

6階では楽器の体験ができます。ドラムの叩き方を教えてくれるコーナーもあります。部屋にたくさんの楽器が置かれていて、「近くで見ることができて嬉しいです!」と語るお客様も。

 

ドラムの体験コーナー!

ドラムの体験コーナー!

 

プロミュージシャンコースの生徒によるカヴァーライヴが行われたのは最上階の9階。ステージの後ろに温かみのある木の壁が貼られ、活気と陽気溢れるアメリカ西部の酒場をイメージした空間が現れました。クールなカントリーBOYたちが次から次へとステージに登場します。激しいエレキギターの演奏、明るいヴォーカルの歌声に連れられ、フロアにいるお客様たちは西部劇の映画を見ているように釘付けになりました。ひとつのバンドの演奏が終わると、間髪入れずに次のバンドが登場。会場は終始熱気に包まれていました!

「普段はなかなかこういう生のバンドを聴く機会はありませんので、今日はいっぱい聴けて満足しました!」

(会社員、女性)

 

アメリカ西部シアター♪

アメリカ西部シアター♪

 

第1校舎は楽器科の勉強を中心とした校舎です。さまざまな演目を通じて、プロの音楽人を目指している生徒たちの情熱が感じ取れました。そして音楽の素晴らしさを再確認できる“旅”でもありました。

 

インタビュー・文:鉄っちゃん

 


記事一覧

PAGE TOP